国際機関を目指す際に参考になるサイト

国際機関
Pocket

国際機関の就職活動情報って少ないと感じたことはありませんか?

 

今回は、私がこれまで”ほぼ手探り”状態で国際機関の就職活動情報を探してきて、「これはっ!!」と思ったウェブサイトやブログをご紹介します。

 

 

① 国連フォーラム

 

国際開発をはじめとするパブリックセクターで活躍することを志すものであれば、国連フォーラムが運営するメーリングリストへの登録はマストです。

私の場合は、米国ビジネススクール在学時に国連フォーラムのメーリングリストに登録させて頂きました。

在学時にUNESCOサモア事務所のインターン案件(希望期間が合わず流れてしまいましたが・・)、WHO神戸センターのインターン案件の情報を得たのも、こちらのメーリングリストからです。

国際機関の公募情報はもちろんのこと、NPO・NGOの求人情報、インターン情報、各種セミナー情報など、有益な情報が目白押しです!

 

② 敦賀一平オフィシャルサイト

 

現役国連職員(ILO)の敦賀氏が運営する氏の公式ウェブサイトです。敦賀氏のこれまでの軌跡(Resumeも掲載されているので、Resumeの参考にもなります)や、国連職員としての生活が記事になっております。

特筆すべきは、国際開発分野でキャリア形成をしようとしている方へ、無料相談をウェブサイト上で行っていることです。

実際に私も無料相談を利用させて頂き、敦賀氏や、当サイト利用者で元国連職員(?)の方から貴重なアドバイスを頂くことができました。キャリア形成をしていく上で、どういった進路を取るべきか悩むことは多いと思いますが、こうした現役国連職員の方から直接アドバイスを頂けることは非常に貴重なのでおススメです。

 

③ Shota’s Blog

 

現役国連職員(UNOPS)の亀山翔大氏が、 国連職員になりたい方に向けた情報発信サイトです。

さすが元IT企業CTOだけあって、サイトのクオリティ、記事で取り上げているトピックに対する分析力がすごいです。

客観的、且つ情報ソースもしっかりとしていて非常に参考になるので、当サイト内記事を一通り読むだけでもかなりの国際機関関連情報を得ることができます。

個人的に当サイトで好きなのは、亀山氏が投稿する氏の実生活からの記事(大学院でのご経験や、職場でのご経験等)です。私も国際機関への就職活動を継続する中、息抜きとして亀山氏のサイトを拝見し、国際機関就労のやる気に火をつけていました。

 

④ キャリア国際機関

 

様々な国際機関で人事畑を歩まれてきた小島晶子氏が運営されているサイトです。

小島氏のほかにも元国際機関職員の方々がアドバイザーとして参画されており、国際機関を目指すにあたりかなり有益で具体的な内容の記事が投稿されています。

国際機関へ応募する前に、事前に当サイトの記事を一通り読みこんだうえで取り組むことがおススメです。

 

⑤ 外務省国際機関人事センター

 

外務省が運営しているサイトです。主には、外務省管轄のジュニア・プロフェッショナル・オフィサー・プログラム(JPO)やミッドキャリア関連の情報を配信しています。

JPO、ミッドキャリアへの応募を計画している方は、頻繁にお世話になるウェブサイトです!(笑)

JPOやミッドキャリアの応募情報のみならず、時期に合わせてレジュメ書き方セミナーの情報、リクルートミッションの情報なども配信しています。

 

⑥ 各国際機関の公式HP

国際機関の公募情報の第一次情報となるので避けては通れないです。(笑)

当然、各ウェブサイトの表記は英語だが、苦労してでもきちんと読込みたい。

各機関毎にHPが異なり、且つ公募情報へのアクセスには、事前にメールアドレスの登録やパスワード設定が必要となるケースが多いため、こうした登録メールアドレスやパスワードをエクセルか何かで管理しておくことをお勧めします(でないと、確実に忘れてしまうので・・)。

 

以上、ざっとですが私がこれまで大いに活用させて頂いたウェブサイトやブログを僭越ながら紹介させて頂きました。

国際機関で働いてみたいと思っているけれども、何からはじめていいのかわからない場合には、まずは上述の①~⑤まで一読してみることをおススメします!